気ままに外遊び

trilife.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

骨折

やっぱ、折れてました。
c0202464_2063210.jpg


レントゲン写真3枚とった内の1枚に、ちっちゃい骨のかけらが見えました。

筋が切れるか、骨が引きはがされるかという、筋vs骨の対決で筋が勝ち、骨がひっぺがされたそうです。

直るのに時間がかかるそうで、いい休暇がもらえました。

さて、明日からなにしようかなあ。
[PR]
by trineko | 2012-09-28 20:08 | ひとりごと | Comments(4)

4ヶ月ぶり。

トライアスロンシーズンが終わり、個人的にはトレランシーズンの始まり。

天気もいいから、いってみっかな。
と、角田山へ。

久しぶりなのでキツくないほたるの里〜ピーク〜五箇峠折り返しをノンビリ走る事にしました。

下駄箱の奥から引っぱりだしたトレランシューズは、ホコリっぽくなってましたが、どのみち泥で汚れるからいいかと走り出す。

やっぱ山は気持ちいいなあ、と思って走っていると、グキッ!

左足をひねってしまった。。。

しばらく悶絶するも、歩き出すと徐々に痛みが消えそのまま山頂の到着。そして五箇峠へ下ると、少々足が痛い。まあ、様子見ながらと下りきり、折り返して登ると、あれ?それほど痛くない。
で、気持ち良くシングルトラックを堪能。

c0202464_18304645.jpg


遠くには佐渡もよく見えました。
c0202464_18261437.jpg


そして再び山頂到着し、最後の下り。
あれ、痛い。やっぱヤバいか?

と駐車場までだましだまし走りきり、靴を脱いで患部を確認すると、ぷっくりと腫れてました。
こりゃ、おそらく折れたな。

今日は近所の医者が休みなので、明日診てもらいます。
[PR]
by trineko | 2012-09-27 18:31 | Comments(0)

フォーム改造計画

佐渡トラ終わって1ヶ月経っていませんが、来年への課題克服の第一弾、「スイムフォーム改造」。

具体的には、「キックの回数を増やす。」ですが、単純にいっぱい蹴ればいいってもんじゃないのは、我流ながら分かっております。

これまでの疲労度と変わらず、いや、もっと楽に早く泳がなければ意味がない。
一年がかりで取り組むつもりで、とりあえずやってみました。

今日はいい感じで泳げ、メインのインターバルでは、これまでよりも明らかに早いサイクルで行ける!

ポイントは、キックのタイミング、強さ。更に、キャッチの位置!?更にさらに、ストリームライン?

今日の泳ぎが最低限いつでもできるようになって、調子がいいときは更に泳げるようにせねば。
[PR]
by trineko | 2012-09-26 22:24 | Comments(0)

さんまパーティー

昨日は予定されていた仕事がなくなり、急遽クラブの練習会に参加しまた。

練習後は、さんまパーティーと題した飲み会となるため、着替えをバックパックに詰め、練習会場の松林へ向けてジョグ開始。小雨の中、1時間ほどで松林へ到着し、ほどなくクラブの皆さんとも合流できて新潟島を一周しました。

途中から雨が本降りになりましたが、新潟マラソンが近い事もあり、たくさんのランナーが走ってました。

練習後は早速飲み会に突入。焼きたてのサンマ、持ち寄った沢山の手作り料理が美味しく、楽しい時間を過ごせました。

パーティー終了後、調子に乗って駅前で飲んでしまい、珍しく眠気と気持ち悪さに襲われて早々にダウンしてしまった。。。
相変わらず酒に飲まれてしまい、反省しきりです。
[PR]
by trineko | 2012-09-24 15:28 | 練習 | Comments(0)

完走の証

帰宅すると佐渡トラ事務局から封書が。

やけにペラペラしてるなあ、とおもって開けて見ると完走証でした。
c0202464_2129487.jpg


これを励み(バネ)に、また一年頑張るぞ!
[PR]
by trineko | 2012-09-20 21:30 | Comments(2)

年に一度のお楽しみ

昨日は年に一度の超ロングライド。
某雑誌的に言うと「俺チャレ」です。

今年は「磐梯吾妻スカイライン」「レイクライン」「ゴールドライン」の3つの有料道路(今は無料開放中)一気に制覇しようともくろみました。

一応日帰りサイクリングなので午前0時に自宅を出て、阿賀野川を北上し、安田からR49に入ります。(これはボクが出入りする自転車店のイベントをパクってます。)

会津若松で一旦r33を走り、再びR49を走る頃にやっと夜明け。
猪苗代湖からR115に入り、本格的な登りが始まるところでr24母成グリーンラインへ。
牧草地を横目に軽めのギアで無理せず登坂しました。
c0202464_12483520.jpg


その後は熱海まで下りr8からまた山へ入りr380を走る事にしたのですが、車もすれ違えないような道幅。加えて入り口に「クマによる負傷者2名」なる看板を見つけて躊躇してしまうが、ここでルートを変えると帰りの電車に間に合わなくなるので、強行突破しました。

その後r30からR459を経由してR115を福島へ下り、r70に入るといよいよ浄土平への登りが始まります。平均斜度6%と油断していたのですが、料金所の手前に10%超のコンクリート道路区間が2カ所あり、220km以上走ってきた足には強烈で足をついてしまいました。

その後は何とか持ち直し、やっとの思いで浄土平に到着したものの、到着したのはPM1:40。
2時間もかかってしまった。
c0202464_12475015.jpg


会津若松で6時34分の汽車に乗らないと行けないので、最低でも6時には到着しなければならず、残り時間は約4時間。レイクラインとゴールドラインをまわって間に合うか不安でしたが、次はいつチャレンジできるのか分からないので、覚悟を決めました。

途中、スカイラインの最高点を通過。
c0202464_1247258.jpg


レイクラインは、それほど登るイメージがなかったのでちょっとガンパって走るとピークにはPM3:20に到着。
c0202464_124991.jpg


これなら間に合うと勢いに乗ってゴールドラインも走破。
c0202464_12492583.jpg


目標達成し、後は会津若松駅まで一気に下ってPM5:10にゴール。
温泉に入って、ノンビリと輪行し無事PM10:00前に帰宅できました。
[PR]
by trineko | 2012-09-16 12:55 | Comments(2)

来年へ向けて。

今日からトレーニング再開。
といっても疲れとりが目的のノンビリとしたスイムを1.7kmほど。

気持ち良く動きを確認しながら、時折ちょっとペースを上げたりして気ままに泳ぎました。

秋はトレーニング強度に縛られる事なく、思うがままにスイム、バイク、ランを楽しみたいと思います。
[PR]
by trineko | 2012-09-07 22:08 | Comments(0)

佐渡トラ レースリポート ラン編

最終のラン。
今年の新しい試みとして、バイクとランで靴下を履き替える事と脚が濡れないようにしてマメなどのトラブル回避を試みました。多少トランジションの時間はかかるものの、快適性重視で行ってみました。
更に炎天下での水分補給用としてジェルフラスクを給水ボトル代わりにし、エイド間での給水を試みました。

ランへのトランジションで既に7時間半近くが経過し、目標タイムからかなり開いたため気持ち的には張りをなくしてしまいました。
それとは裏腹に、意外と脚が残っている事が分かったのですが、ここで調子に乗るとあとのしっぺ返しが怖い。

どうすればいいか迷いましたが、ふと「楽しんで走りたい。」という思いがわき起こり、タイムを考えない事にしました。
そこで時計を外しバックポケットへ。

これが良かったのか、足の方も順調で各エイド間が短く感じる。この感覚は久しく感じてなく、走る事が楽しい。

強い風が体を冷やしてくれるので、思ったよりも暑さを感じない。
そしてバックポケットに入れたジェルフラスクの水が、喉の乾きと体のほてりの恐怖心をなくしてくれて、安心して走れました。

時折辛くなる場面では、まわりを見ずに自分の走りに集中し、気持ちを切らさずにラスト10kmほどまで到達。
ここまでくると徐々に気持ちもリラックスし、残り6kmほどで(やっと)女子1位の選手をパス。
徐々にペースが上がり、最後のエイドでコーラでカフェイン注入しラストスパートしました。

沿道からの「おかえりなさい!」の声に「ただいま!」と元気に答えられるほど好調。
商店街からゴールまでは無駄(?)に飛ばし、思うままに喜びを表現してゴール。
タイムはベストから11分遅れですが、楽しく走れた事に大満足でした。

振り返ってみれば、これだけ楽しくレースできたのは2度目。
得る事もたくさんありました。
そしてあらためて沿道で応援してくださる方、ボランティアの皆さん、大会を運営してくださるスタッフ・審判の方あっての大会だと感謝、感謝です。

ゴールした直後は「来年もでるのかなあ。」と思っていたのに、翌日には「来年はここを強化しよう。」と早くもやる気が起きてきました。

まあ、その前に数日は何もせずに過ごそうと思います。
[PR]
by trineko | 2012-09-06 23:05 | Comments(2)

佐渡トラ レースリポート バイク編

昨日に引き続いてバイクです。

比較的落ち着いてトランジットを終え、バイクスタートし、例年とほぼ同じペースで走り始める。
今回はカーボンバイク投入でどの程度の効果があるのかちょっと期待。
外海府はやや向かい風だがある程度スピードを維持できたのに、早々にトイレへ行きたくなり戸中WSで小休止しタイムロス、予定外でした。
気を取り直し先へ進み、Z坂で「行くしかないぞ〜。」の名物おばさんから応援いただく。
続く大野亀の坂も難なくパス。坂はいつもよりも楽な感じかも。

内海府からは追い風となり、平坦路であるのでペースアップ。35km/h前後で飛ばす。
両津市街に入るとやや疲れているものの、一番応援が多い場所でもあるためハイペースで進むが、これが失敗。
住吉ASから水津WSまで向かい風でペースが上がらず25〜28km/hに沈み、眠気まで襲ってきた。
「完走できればいいか。」と思い始めたが、水津WSで受け取ったボトルが氷入りで冷たく、目が覚める。さらに追い風に変わりペースアップ。小木までの平坦路では35〜40km/hで走れました。

後半のハイライトである小木の坂や国道坂は、バイクの軽量化のおかげか難なくクリアし、長浜での向かい風も何とか通過し佐和田へ帰ってきました。バイクラップは6時間20分をかろうじて切った感じ。後でサイコンを確認するとバイクで走った時間は6時間5分ほど、暑さ対策でAS毎にボトルを交換した事と住吉〜水津のペースダウンが響いている様でした。

こうなってくると最大の目標である自己ベスト更新がかなり難しくなってしまい、気持ちにゆとりがないままランへ突入ということになってしまいました。

最後のランは、明日。
[PR]
by trineko | 2012-09-05 22:41 | Comments(0)

佐渡トラ レースリポート スイム編

今年一番のレースが終わり、ちょっと抜け殻的になっておりますが、詳細を。

2年ぶりの佐渡トラ。4時半すぎにトランジションエリアに到着し、準備を進める。気象情報に耳を傾けると、既に気温は28℃。え、もうそんなにあるの?
当然、海水温も高く27℃。

分かっちゃいたけど、やっぱ暑いのはやだー。

なんて思いながらもさて、アップだ。と入水し泳ぎ始めると、おでこと右足首に激痛が!

暑さだけではなく、敵は水中にもいた!そう、今年はクラゲも大量だ。
リラックスムードから一気にテンションダウンとなる。

そんなことがありながら、締まりのない銃声を合図にスタート。
今年から1.9kmを2周回となったので、第1、第2ブイともに間近に見えるので個人的には気が楽。
しか〜し、それとは裏腹に第1ブイまで例年にないくらい殴られ蹴られの大バトル状態に巻き込まれてしまった。幸い大きなトラブルはなく、アッという間に第1ブイをターン。そして特に変化ないまま第2ブイもまわったら、うねりが大きい。ブレスが右のボクには第一の試練となったが何とか陸にたどりついて一旦上陸する。

陸に上がると振らつくおまけに、遠浅の浜を再び50mくらい(?)歩くので無理せずゆっくりやり過ごす。が、やっぱり浅瀬に来るとクラゲにやられる。。。

2週目はバトルもほぼなく、順調に進む。
やっぱりターンまでの距離が短いと気持ちが楽だ。

そして気がつけば最後の直線。
最後くらいは頑張って2ビートから4ビートへキックのテンポを上げました。

浜に到着すると女子の8か9位くらいの選手がスイムアップしたという実況。
何となく、いつもより遅いかもと時計を見ると1時間20分でした。

おそらく上陸して泳ぎ始めるまで、ゆっくりめに通過したのでそこで数分はロスしたと思われます。
この上陸から再び泳ぎ始めるまでは、来年以降の課題となりそうです。

そんな事を考えながら、トランジション。
バイク編は後日。
[PR]
by trineko | 2012-09-04 16:21 | Comments(0)