気ままに外遊び

trilife.exblog.jp

タグ:佐渡トライアスロン ( 6 ) タグの人気記事

佐渡トライアスロン その3 〜ラン編〜

今日から練習開始!とプールに行き、着替えようとしたら、、、

スイムをしよう〜と プールに、来てみたら〜。♫
水着を(デン、デン、デケデン)忘れて(デン、デン、デケデン)ゆかい〜なtrineko〜♪(サザエさんオープニング風)

何のためにいったの〜!

で泳がず帰ってきました。ま、一番目標にしていた大会が終わったからいいかぁ。

そんな訳で佐渡レポートも最後のランです。

順調なバイクを終え、ランシューズに履き替えて走り出すと、「イタッ!」 左足裏側面(土踏まずの反対側)に鈍い痛みが走る。
実はバイク後半から痛んでおり、バイクシューズのせいだろうと思っていたのですが、まさか走るのに支障をきたすとは思ってもみなかった。
「棄権!?」これまで数あるレースで一度として考えた事のない言葉が頭をよぎる。。。
マッサージすればよくなるかもと思い、シューズを脱いで揉んでみるが、不安を増大させるだけ002.gif

とにかくちょっと走ってから最終判断しようとランをスタート。
沿道の応援に応える力はあるが、足は痛い。
毎回ランのスタートは「俺はなんでこれからマラソンするんだ?どうしてトライアスロンに出てんだ?」と後悔しながら走るところを、今年は「いつまで走れるんだ、俺は?」とさらに弱気。
かばうような走りをすると痛くない右足が故障しかねないので、できるだけいつものフォームを心がけて5kmほど走っても痛みは消えず、これはヤバいかも。

と考えながら最初の10kmを52分強で通過。思ったほどタイムは悪くないなと思いつつ歩を進めるといつの間にやら足の痛みがなくなる。
お〜し、これなら夢の11時間切れるかも、と考えたのもつかの間、15kmの皆川A.Sからは暑さのためかピッチ、ストライドとも延びず我慢の展開に。
声援に応える余裕もなく、前を追うよりも抜かれる事ばかりが気がかりになる。さらに「歩きたい。」とネガティブまっしぐら。
それでも「お前は元ランナーなのに、歩いていいのか?」ともう一人の自分が歩く事を許してはくれず、W.SとA.Sにたどり着く事だけを楽しみに走りました。

一つまた一つとA.Sを過ぎ、最後の難関である畑野のだらだら登りを終え、残り10kmを切ってやっと完走できる事を確信しました。
気を抜くと足が止まってしまいそうでしたが、「どんなポーズでゴールしようか?」なんて考える余裕もでき、そんなこんなで最後の八幡W.Sも通過。「お帰りなさい!」の声援に「ありがとう!」と応える力も湧いてきました。
途中私設エイドで「スイカ食べてって。」と言われ、スゴーく食べたかったが、早くゴールしたい気持ちが勝り、気持ちだけいただいて通過。

そして、何度体験しても心底うれしい商店街の応援を受けたあと、歓喜のフィニッシュ!!
いつもの事ながらゴールの瞬間はタイムを確認せず、ゴール後体育館の壁にかかった時計で時間を確認すると17時15分くらい。やったー、ほぼベストタイム。この暑さの中、良くやった自分!
そして「来年はもっと楽にフィニッシュしたいなぁ。」と思ってしまうのはなぜなんだろう?
今年のレースはいい成績で終える事ができ、非常に満足できました。

そして酷暑の中でも安心してレースができたのは、なにより大会を運営していただいたスタッフ、ボランティア、島民の皆さんのおかげ、とこれまで以上に実感しました。

僕は多分来年も選手として参加するだろうと思います。こんな僕は、皆さんの助けがないと走る事ができない軟弱ものですが、どうか大目に見てやって、来年も助けてくださいませ。
またよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
[PR]
by trineko | 2010-09-09 21:56 | Comments(2)

佐渡トライアスロン その2 〜バイク編〜

昨日に引き続きで、今日はバイク。

トランジットは何事もなく終え、バイクスタート。例年は前半抑えて抑えてを強く意識する事にしていたのですが、「スピードはあまり気にせず、ケイデンス90rpm前後で気持ちよく回す。」が今年の作戦。そして今までは急な登り以外はほとんどシッティングとしていたところを、積極的にダンシングを取り入れるように心がけました。

名物Z坂までの細かいアップダウンは基本的に追い風で順調に走る。
そしてZ坂。多くの人が一気にペースダウンするのを尻目に、軽いギヤで高回転を保ったまま沢山の人をパス。その後も「平地で抜かれても長い坂道で抜き返す」を繰り返し、徐々に順位を上げることに成功。鷲崎を過ぎて内海府(両津湾沿い)に入り、一瞬向かい風になるもちょっと進むとまた追い風で、さらにペースアップ。アベレージ31km/hをキープして両津に到達しました。
両津では毎年沢山の応援があり、ついついオーバーペースになってしまう場所、今年も35km/hのハイペースで走ってしまう。そして住吉A.Sでトイレ休憩。タイムはもったいないが、我慢して走ってもタイムは縮まらないので潔く休憩しました。

さてここから赤泊A.Sくらいまでは応援が極端に少なく、体力・精神的に我慢の区間。さらに今年は前後にバイクがほとんどおらず、ちょっと寂しい感じに、、、と思っていると水津辺りからBタイプの選手やRタイプの選手が混じり始めました。例年なら西三川辺りでやっと追いつくのに、これはやっぱり暑さのせいなのだろうか?

さて、追い風にのって順調に回し、小木まで到達。この時点で12時25分弱で、バイクのベストタイムをほぼ確信して難関の小木の坂へ突入。かなり用心したのだが意外にも簡単に走破できました。坂の後、父が応援に来ており「45位くらいだぞ!」とのこと。この地点では今までにない順位に素直に喜び、残り20数kmも追い風に乗ってさらにクランクを回す回す。

残り10kmを切ると、速度は維持しつつも気分的にはランに備えてクールダウン。そしてランとの並走に気をつけながら13時半ころバイク終了し、バイクラップ6時間15分で、みごとバイクのベストタイム更新ができました。

いよいよ最終種目のランは明日。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
[PR]
by trineko | 2010-09-08 22:39 | Comments(0)

佐渡トライアスロン その1 〜スイム編〜

大会が終わって2日目。おっさんの我が身体は本日が筋肉痛のピークらしく、動き出すのにちょっと気合いが必要で、階段の下りは1段づつでないと下りれない(泣)

さて、2年ぶりの佐渡のレース。経験した事のない30℃以上の気温の中、無事完走できるかと不安のままスタートしましたが、終わってみればベストタイムから約1分遅いだけで順位は過去最高と大満足な結果でした。どうも暑い方が身体が良く動くようです。

それではまず今日は起床からスイムまで。

起床は3時半。朝食をさっさと済ませ4時20分に会場へ向け出発し、5時過ぎに河原田小学校へ到着。まずはボディーマーキングとアンクルバンドを貰う。その後、トランジットの準備をしてトイレへ並んだのですが、なかなか順番が回ってこない。やっとトイレを済ました時点でスイムチェック完了まであと7分ほどしかなく、慌ててウエットスーツを着ていると、お隣の方は「えっ!スイムチェックって5時半なんですか!?」と時間を勘違いしていたようで、2人して慌ててウエットスーツを着込み、スタート地点へ向かう。

意外と余裕でチェック終了。そして一年ぶりにきたウエットスーツと海水の感触を確かめるため、入水。僕の場合、あんまりウォーミングアップは重視してないので、50mくらい泳いですぐ陸に上がり、スタートの時間を待ちました。気象データでは水温が28℃もあるらしい。フルスーツしか持ってない僕にはちょっとつらい水温。またまた不安増大002.gif

バトルに巻き込まれたくないので、スイムが早いわけでもないのに前列の左端からスタート。思惑通りバトルに巻き込まれず順調にスタートできた。波は小さく泳ぎ易いが、数日前に台風が通過したせいか透明度は例年より低いのでちょっと残念。そして今年はクラゲが少ないと聞いていたのに500mも進まないうちにアゴの辺りを刺される。でもそんな事にはかまっていられず、とにかく進み第1ターン通過。いつもならウエットスーツの中に若干海水が入ってきて体が冷えるのだが、全く冷えず暑い。水の中で暑さと戦うとは思ってもみなかった。

天気がいいので右側呼吸の僕には朝日が目に入ってまぶしいが、我慢して第2ターンに到達。「なんかいつもより周りに人が多くないか?」と思い始める。そしてゴーグル内に少〜しだけ海水が浸入してくるも、いつもの事なのでかまわず進む。そしてやっと足の着く水深まで到達。「帰って来れた〜。」と毎回この瞬間は妙に安心します。

さてタイムはどれくらいかなぁ。と時計を見ると1時間15分を過ぎてる〜。やば〜、過去最低レベル。やっぱり一番練習できてなかったから、しょうがないか。

気を取り直してバイクへしゅっぱ〜つ。ということでまた後日。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
[PR]
by trineko | 2010-09-07 13:19 | Comments(0)

朗報!

今日は憂鬱な健康診断で始まりました。

肺のレントゲン、胃の造影とこなし、第一関門の視力検査。
Cの形がぼけて見にくい。。。と左は前回と同じでしたが右は約半分の0.3。これは本格的にメガネ生活に入らねば。少々ショック。

そして一番心配な血圧は、、、なんと上は120台下は70台で正常。これまで150台が出たのはなんだったの!?それとも減酒生活の成果か?
何はともあれひとまず安心。現金なもので結果がいいと気分もいいものです。

さて、今日の帰り道。天気予報に反して057.gif
しかもかなりの降ってておまけに寒く、息が白く見えました。

げんなりして家に着くと玄関にハガキが、、、

c0202464_23373168.jpg


参加許可通知が到着。
2年ぶりに佐渡トライアスロンに参加決定です。
これだけ応募が殺到すると、参加させてもらえるだけでハッピーな気分になってしまいます。

過去のレース経過を思い出すと『またあの苦しみをするのか。』とも思いますが、それ以上にトライできる喜びに浸っています。

残り約3ヶ月、気分も新たにトレーニングに励みます!
[PR]
by trineko | 2010-05-28 23:44 | Comments(0)

早くも申し込み終了

今日佐渡国際トライアスロンのHPを覗いてみたら、今日の日付で「申し込みが終了しました。」とのお知らせがありました。

一昨年までは申し込み締め切りの6月30日近くまでエントリー受付をしていたのが、去年は5月22日くらいで終了。そして今年は5月5日。申し込み開始から1ヶ月あまりで定員に達したようです。

僕は去年、気がついたらエントリー終了で涙を飲み、今年は早々と申し込みしたのでおそらく受け付けられていると思いますが、この人気はどこから来ているのでしょうか?このままでは抽選になるのではとの憶測も出てきつつあるようで、僕のような年に一度の大目標としている者には戸惑いを隠せません。

とはいいつつも故郷の大会に、これほど人気が出る事はうれしい限りで、そのうち宮古島を押さえて人気度No1になるのでは、、、なってほしい、、、とも思っています(これはちょっと無理かな)。

HP上では、いつものように大会までのカウントダウンが始まっており、練習頑張ろうと心を新たにする次第です。

今月の目標は、走り込み、泳ぎ込み(泳ぎ慣れ?)で距離を稼ぐ事。
スイム:15km、バイク:1000km、ラン:200km
と僕にはちょっと難しめの目標です。

あくまで、目標です。
[PR]
by trineko | 2010-05-05 21:04 | Comments(0)

佐渡トライアスロン エントリー

去年はエントリー締め切りの1ヶ月以上前に参加定員に達してしまい、出場できなかった佐渡国際トライアスロン。
今年はその教訓を生かし、早速エントリーしちゃいました。

インターネットでひとまず申し込み、参加費も先ほど振込完了。
あとは必要書類を郵送するだけです。

まだ150日もあるので今ひとつピンときませんが、9月までの5ヶ月間気を引き締めて地道に頑張りたいと思います。
[PR]
by trineko | 2010-04-07 15:06 | Comments(0)