気ままに外遊び

trilife.exblog.jp

カテゴリ:レース( 15 )

3種目 ラン

最後のラン

走り始めから足が重く上がらない。
大臀筋もかなりの疲労感で、40キロ走れるのかと出だしから不安満載ながら、耐えていれば復活する事もあると信じて前へ前へ。

序盤7キロ辺り。去年までは田んぼ道にASが有ったのにない!
ここは周回コースになってからASが均等になり助かっていたのに、AS位置が元に戻ってました。
これは今年のコース変更で重大事項。
あと3回、この区間があると思うと気分は落ち込むばかり。

で、畑野の折り返しがどう変わったのか身構えてしまう。
でも、ここは割合平穏で、安心しながら1周回めの復路。
仲間を見逃さないように注意していたのに、自分のことに精一杯で見逃すこと多数。対応できなかった方、ごめんなさい!

2周目に入ってすぐ、女子1位に豪快に抜かれる。まるでマラソン一種目のようで、まったく歯がたたないが、感化されてスピードアップする。
これが間違いで坂道で全く足が上がらなくなり、危うく歩きそうになる。
その後、なんとか持ちなおし、再び畑野を折り返し。
そして田んぼでは名物おばちゃんに『また、来年!』と挨拶。
本当おばちゃんには毎年励まされます。

そして商店街が見えると感動ひとしお。
走り終えた仲間はもちろん、いろんな人たちから激励され、気分は最高でそのままフィニッシュ!
この瞬間はなんど経験しても最高ですね。

今年も思うように行かないことだらけでしたが、最高に楽しみました!
[PR]
by trineko | 2018-09-07 23:33 | レース | Comments(0)

2種目 バイク

続いてバイク

まずは起伏にとんだ外海府。
天気予報通り北東の風で緩い向風で、出だしから無理せず30km/h程度で走る。
飛ばしていない割に、追い抜くことはあっても抜かれることが少ない。
でもここで結構疲れてしまいました。

弾崎を過ぎると待望の追風となるが、思ったよりも弱く、ちょっと無理しすぎ。
おかげで下半身が膠着ぎみで、なんとかしたいが降りてストレッチするわけにもいかず。
我慢しながら両津のASまでノンストップ。
両津でトイレタイムとし、ペダルを回す以外の動きで、やや回復したもよう。
ですが走る方向が変わり向風基調となる。

向風区間が短いのは分かっていたので、しばし我慢し、姫崎を過ぎると再び追風!
ここで稼ごうと、ほどほどのつもりでまわす。
今からして思えば、この頑張りがツケとなってランに響いたのかなあ、と思います。

おかげでアベレージスピードが上がり、そのまま小木の坂へ。
ここは意外と楽に登り終え、最後の登り国道坂はもはや問題なし。

しか~し、残り10キロが強い向風!
でもここまできたら行くしかないのでバイクフィニッシュまでノンストップ!
まあなんとか6時間14分で回ってこれました。

風が強いとはいえ、バイクは上手く走れませんね。
[PR]
by trineko | 2018-09-06 22:04 | レース | Comments(0)

1種目 スイム

今日はスイム

前日までの雨も上がり、薄曇は広がっているものの回復基調な朝をむかえました。

いつものように会場まで送ってもらい、ノロノロとスイムチェックへの準備を整え、何となくアップ。
海の透明度は1メートル未満。
ま、そんなことはどうでもいいレベル。

そしていつも通り背後でセレモニーが終わると、スタート。

今回もコース左端からです。
今年はポジションが良かったのか、たまたまなのか、バトルはほとんどなし。
淡々と泳ぎ進む。
幸いクラゲもいないようで、とても平和なスイムでした。


一旦上陸し、2周目もだいたい同じ感じ。
ですが2周目の沖合いは、若干うねりが出てきてちょっと泳ぎにくい。
それでもバトルがないので、その分楽でした。

その後も淡々と泳ぎスイムアップ。
時計を着けていなかったので、そのときは分かりませんでしたが、1時間14分台とまあまあいいタイム。

無事スイムを終えた安堵感を感じながらトランジットし、バイクへむかいました。
[PR]
by trineko | 2018-09-05 21:26 | レース | Comments(0)

佐渡トライアスロン完走

今年も無事に佐渡トライアスロンAタイプを完走しました。
c0202464_22053269.jpg


8月はプライベートのイベント盛りだくさん。そして盆あけからは仕事が忙しく調整もままならない状態。
でもそのお陰で休養は十分でレースに臨めました。

そんなレースリポートは明日以降アップします。
[PR]
by trineko | 2018-09-04 22:04 | レース | Comments(0)

佐渡トキマラソン結果...

佐渡トキマラソン結果報告

朝は、5時半に起床し身支度をして6時20分頃実家を出発
頑張り過ぎるとマラソンに影響があるので、ほどほどのペースで両津へ。
予定通り8時過ぎにおんでこドームに到着し、まずは参加賞Tシャツをもらい着替えをし、さっさと荷物を預ける。
写真撮ったりしながら過ごしていると、8時半着のフェリーからのランナーがぞくぞくと来場する。心配で敬遠したけど、当日移動でも問題なさそう。来年は自分もそうしよう。

で、まもなくスタートとなり、先頭から50メートル位の位置からスタート。
まずは海沿いの道を2キロほど進み折り返し。
天気は良いし沿道の応援は馴染みがあってたのしい。
当初はのんびりのつもりが、気持ちいいペースで走ったほうが楽だろうと考え、ペースアップ。

5キロ位から例年通りの加茂湖沿いの道へ。
ちょっと強い向かい風だが、ペースを乱されるほどではない。
10キロ過ぎからこのコース最長の登りですが、序盤なので難なくクリア。
そして給水場では足を止めてしっかり給水しました。

続いては楽しみにしていた『給スイーツ場』
先を急ぐランナーをやり過ごし立ち止まってシュークリーム、おやき、越後姫(イチゴ)を堪能しました。

15キロを過ぎるとじわじわと足に疲れを感じる。40キロの自走が効いて来た感じ。

続いては20キロ手前の金井の補給で、焼きおにぎりとクロワッサンをいただく。なんだか腹一杯な予感。

25キロ過ぎの補給でオレンジ、レモン、バナナを取ると、ボランティアのJCさんが『あの人、バナナも持ってった』と指摘される。

30キロ過ぎだったかな?急な下り坂からの急な登り返し!ここでこの仕打ちか?
アドバイザー金さんに殺られました。
でも、そこから37キロ位までの加茂湖沿いは初めて通る道で景色もよく、疲れを忘れるほど良かった!(疲れたけどね)

残り5キロを切れば気力でいける。
ラストも粘って3時間6分台のまあまあいいタイムでした。

ゴール後は味噌汁とおにぎりをもらい、ご褒美の生ビールと牡蠣の殻焼きを堪能。
でも、さすがに疲れて帰宅後はすぐに寝てしまいました。
c0202464_00155670.jpg


[PR]
by trineko | 2018-04-23 23:02 | レース | Comments(0)

篠山ABCマラソン レース報告

見事PB更新しました。
調子が上がってきていたのはわかっていても、走り終わるまでは気が抜けず、ラスト5kmはさすがに足が動かなかったけど、何とか粘れました。
で、レース報告です。

レース会場には京都駅からバス移動し8:30頃到着し、まずは記念品(Tシャツ)を受け取る。
そしてゆっくりと走る準備をして、9:30からアップのジョグ20分。最後にちょっと流して終了し、そのままランシャツに着替えて荷物を預ける。
10時から開会式が始まりますが、整列ブロックエリアが開場されたため、位置取りのことも考えて早めにゲートイン。
先頭からは50mほどか。
スタートまで50分もあり体が冷えそうでしたが、幸い12,3℃あったため思ったよりも寒さは感じず、どちらかというと立ちっぱなしで疲れた感じ。
そんな中10:40に登録選手がスタートし、いよいよ10:50に未登録選手が一斉にスタート。
ほんとのスタートラインまで15秒ほどのロス。まあ、そんなに問題ないでしょう。
スタートから1kmほどは混雑が激しいので接触しないよう気を付けペースは遅め、おかげで入りの1kmは4’20”位とゆっくりペースで走れてまずまず。そこからは飛ばしすぎないよう注意して4’05”前後のつもりで進む。
まったく初めて来た土地なのでどこを走っているのかわからないですが、思ったよりアップダウンがなく走りやすい。
おまけに応援が途切れることがなく、大人も子供も応援が上手で走っていて気持ちがいい。
ほんとは子供たちが差し出すチョコレートや飴を取ってあげたいけど、今日はマジ走りなので自重し、ごめんなさい。

そんな感じで走っていると、よしもと芸人のかつみ♡さゆりのさゆりさんがいたのでとりあえずハイタッチ。このレースは、後日ABC(朝日放送)で番組放映され、その番組ナビゲーターをしているので応援してくれてました。
また15km位のところでは有森裕子さんとハイタッチ。あのハイテンションで最後まで応援を続けられるのか?と心配になるくらい声を張り上げての応援には恐れ入りました。
走っている感覚では4分ジャストでも行けそうな感覚でしたが、無理せず4’05”位の余裕をもった走りに徹しました。

さて、いろいろと楽しみつつ中間点まで来ると、徐々に疲労感を感じ始めました。
それでも1年前の木津川マラソンのようではなく、まだまだペースを維持できそう。
調子に乗らないよう、相変わらずペースの合う人をその都度見つけ、向かい風ではすかさず後ろに着くように心がけました。

27km位で10分前にスタートした登録選手トップとすれ違う。さすがに速いけど、思ったよりも近い位置にいる。
30.6kmの折り返しを過ぎるとちょっと強い向かい風。どうりで体が軽く感じるわけです。
ここでも人の後ろにつこうと思うも、ペースが合わないのであえて自分のペースで走ることに切り替え。
更にはずっと気にしていた時計(ペース)も見るのをやめて自分の感覚を優先することに。
残り5kmを切るともう足は売り切れで、おまけに足裏全体が痛む。
それでもとにかく行けるペースで走り続ける。
この最後の踏ん張りどころでも熱意ある応援が心にしみ、ゴールまで最小限のペースダウンで走り切れました。

タイムはPBを6分以上更新したナイスラン。
なんといっても今回のレースは、トレーニングで徐々にコンディションが上がってきたことが一番の勝因。
更には30kmまでペースをうまくコントロールできたことが良かったと思います。
気温がちょうどよく、風も弱い最高のコンディションも幸いしました。
c0202464_22164992.jpg
始めて走る土地でのレースは不安もありましたが、ワクワク感も大きく楽しめました。
何より応援がよかったなあ。
またいつか出場したいレースとなりました。




[PR]
by trineko | 2018-03-06 22:29 | レース | Comments(0)

落選。

来年の第1目標であった京都マラソン。
抽選結果は。。。
c0202464_01032209.jpg
落選。

さて、どうしましょうか?

[PR]
by trineko | 2017-10-07 01:04 | レース | Comments(0)

佐渡国際トライアスロン レースレポ

気が付けば9月。トライアスロンも終わってしまった。
だいぶ時間が経ってしまったが、覚え書きということでレースレポです。

7月まではそこそこ順調にトレーニングしてきたのに、8月はいろいろと忙しくだらけた感じに。
そんな訳でいつもよりも不安なレース当日。いつもは父親に会場まで車で送ってもらうのだが、今年は野良仕事が忙しいため弟に送ってもらう。15分ほど走り実家から会場までの中間あたりで『なんか変。パンクしたかも。』と道路わきの駐車スペースに車を止めて見たところ、右後輪が見事にぺっちゃんこ。急いでスペアタイヤに交換しよとしたが、今どきの車はパンク修理キットがあるだけでスペアタイヤがない。
しかもタイヤを外してみると長さ5cmもある鉄片が刺さり、抜くこともできない状態で修理不能。
父親に電話し迎えに来てもらうことにした。このときすでに4時半を回っており、何時に会場入りできるか全く読めない。
最悪は応援に回ろうと半ばあきらめ状態でしたが、15分後には到着し5時に会場入りできました。
間に合ってよかったあ。

急いで準備を整え、5時半にはスイムチェック完了し、事故が起きないよういつもよりも多めにアップした。
今年からビーチスタートとなったため、浜でスタート位置を入念にチェック。比較的真ん中が空いていそうだったので前方の真ん中からスタートする。これが的中しバトルに巻き込まれずに済む。水温もちょうど良くクラゲも少ない。第2ブイを曲がり岸に向かう方向では若干うねりがあったが泳ぎやすかった。2周目も順調。いい感じで泳ぎ切れ、タイムは去年より1分位早かった。

トランジションを経てバイクスタート。
天気予報では北風が昼にかけて強まる予報だったので、鷲崎までは向かい風なので頑張りめに走る。想定通り外海府を北上すると徐々に風が強まる。途中明らかにドラフティングしている3人組に抜かれる。バイクマーシャルにチクりたいが、そんな時に限ってマーシャルはいない。
そうこうしているうちに鷲崎を過ぎて内海府へ入る。自分の想定ではここで追い風になるはずが、ほぼ無風状態でまったくペースが上がらない。しかし、ここで無理したらさらにペースダウンしてしまうため、無理のないペースで進む方針に転換した。
耐えながら両津の街中を通過。ここは応援が多くついついペースを上げてしまう。
で、半分過ぎた住吉ASでトイレ休憩し、再び走り出すと足の疲労が和らぐ。どうやら歩いたことで筋肉がほぐれた模様で、赤泊ASまでは気持ち良く走れた。しかし赤泊~小木はなぜか向かい風基調で30km/h出せずに困りました。
ここからは勝手知った道なので再びペースが上がる。小木の坂、国道坂では前走者を何人か抜き気分よく佐和田に帰ってくることができました。

ランに入ると思ったよりも足の状態が良く、飛ばしたくなるが先が長いので抑え気味に走る。ただバネがないのでピッチ重視。
2、3km進んだところで女子のトップ選手に抜かれる。女性とは思えないすごいスピードであっという間に見えなくなる。
消防署の直線ではBタイプのチーム仲間数人とすれ違い。応援し合うと励みになります。
5km過ぎて左足裏の感触が悪くマメができそうな感じ。先のことを考え靴を脱いで軽くマッサージしてみる。2回ほど繰り返すも状態は変わらないため、マメができること覚悟で再び走り出す。
1回目の折り返し後、いよいよマメができて足が痛むがAタイプの仲間とすれ違いパワーをもらう。
エイドではアクエリアス+水の定番パターンとスイカ。今年はスイカをたらふくいただきました。
2周目に入り24km辺りから足が軽くなった感じでピッチが上がる。なぜか行けそうな気がしたのでそのまま進み最後の折り返し。
なんだか楽しくなってきた。と思ってたら残り8km位からペースダウン。調子に乗りすぎました。
でもここまで来れば残り僅か。マメが痛いけど我慢。
そして商店街が見えてくると今年もペースが自然と上がり、最後に2人位抜いて歓喜のフィニッシュ!
今年も気持ちよかった~。

今年は天気も良くて楽しくいいレースができた。
家族、仲間、ボランティア、大会関係者と応援していただいた方、皆に感謝し、そしてまた来年も参加します。

[PR]
by trineko | 2017-09-14 22:50 | レース | Comments(0)

時空の路ヒルクライム

今日は10年ぶりくらいにヒルクライムに参戦してきました!
c0202464_2259878.jpg


専門外のヒルクライム。気楽だけど、慣れないだけにどう走っていいかわからない!
まあ、行ける感じで行けばいいかと、気楽にスタート。

事前に得た情報では、2.5km位まではほぼ平坦とのことでしたが、実際は5、6km位までは若干登っている程度。その後も7、8%の登りで局所的にな苦痛はないものの、地味にずーと苦しめられる。

日頃こんな苦しい思いはしないけど、ペース走だと思って耐え続けて、なんとか登坂完了!

ゴール後2、3km先まで流して休憩。
c0202464_237237.jpg
c0202464_2372478.jpg

名物のしんごろうやアイスクリームで癒されて下山。
下山後はトン汁。
c0202464_2383654.jpg

参加賞に茶碗とは独特ですが、とても楽しめました!
[PR]
by trineko | 2017-05-21 23:12 | レース | Comments(0)

角田山一周ハーフマラソン

今年2戦目は、新潟市内にある角田山を一周するハーフマラソンです。

エントリーした時から、自転車で自走しようと思っていました。
今にも降り出しそうな雨雲の下、午後は雨が降らないという天気予報を信じて自転車で出発。
しか~し、走り出してすぐに本格的な雨に。。。会場に着くころにはびしょ濡れでした。

それでも今日はファンランで楽しく走るつもりだったので苦にならず。
身体が冷えないよう時折ジョギングしながらスタートを待ちました。

スタート前には雨も上がり、若干寒いながら走るにはベストコンディションでした。
で、ほどなくスタート。気楽に身体が気持ちいいペースで進みます。
コース序盤は民家の中を走り応援もあって気持ちいい。
そのうち短いながらも急な登り坂が登場。コースを知らないので、いきなり感がたまりません。

登りきると柿畑で以前子供と来たことのある遺跡の横を通過し、だんだん通ったことのあるような柿畑と田んぼの間にある道へ。
この辺りはフラットで走りやすい。
そのままいいペースで進み海岸線へ。
普段はバイク(自転車)で走るシーサイドラインをランする。
まずは灯台前の坂。ここは斜度が緩いので楽勝!
いったん下り2kmほど進むとこのコース最大の難所である五カ峠越えです。
序盤からそこそこきついのですが、峠道に入るとさらに辛い。
でも前のランナーにみるみる追いつき追い越せる!
俺は『山の神』だ! と妄想が止まりません。
ピーク過ぎからは『箱根6区山下り』を妄想し、飛ばしました。
平地になってからも気分よく走れ、なかなか良いタイムでフィニッシュできました。

ゴール後、再び雨が降ってきて身体が冷えそうだったので余韻を楽しむこともなく帰路についたのが残念。
c0202464_2223752.jpg


雨の自走は大変でしたが、『楽しんで走る』ことの大切さを再認識できてよかったです。
[PR]
by trineko | 2017-04-09 22:06 | レース | Comments(2)